まずは知る!酸洗い

酸洗いの基本を知ろう

工業を語る上で欠かせないことのひとつが金属加工ですが、これに大きく関わっているのが酸洗いです。塩酸や硫酸といった非常に強力な溶液を用いることが特徴です。たとえば熱処理された金属の表面は、酸化して錆付いていることが多く、審美性に欠けます。しかし酸洗いすることで、錆部分が綺麗に取除かれ、一個の製品として美しく仕上がるというわけです。酸洗いはメッキ処理を行う前にも実施されます。酸洗い処理された金属はミクロン単位で滑らかになりますから、メッキ失敗リスクは大きく下がります。
金属の表面を滑らかにする方法は他にもあります。たとえば紙やすりによる金属表面処理は、義務教育課程で誰もが経験したことがあるはずです。しかし酸洗いはそのような処理よりも低コストです。そのため多くの工場において欠かせない処理技法となっています。

酸洗いの目的や注意点とは

酸洗いの目的の第一は、金属表面に生じた錆や汚れを取除くことです。本処理を行うことで後の工程がスムーズになり、時間短縮及びコスト削減効果を得られます。第二の目的は、蒸着処理の下準備です。酸洗いはどのような処理よりも金属を滑らかにする効果を持ちますから、蒸着処理が失敗する可能性はほとんど無くなります。
酸洗いは非常に低コストでありながら、高い効果を持つ人気の技法ですが、使用する溶液である塩酸や硫酸は非常に危険です。そのため利用の際は、徹底した安全対策が求められます。作業員が万が一にも怪我をしないようにする対策は勿論のこと、処理前後で使用する工業用水の処理にも注意しなければなりません。そのまま放出すると大変な問題となるためです。

リン酸処理とは鉄鋼や亜鉛などの金属の表面にリン酸亜鉛などの金属塩の薄い皮膜をさせることです。こうしたことで錆を広がりにくくしています。