溶けてなくなる!?間違えてはいけない酸洗い

酸洗いとは何のために行うの?

酸洗いとは、フライパン等の金属製品を酸を使用して洗浄することを目的とした作業の事を指します。
硫酸や塩酸等の薬物を使用し、溶接や金属の熱処理、酸化物、スケール等の除去を行い、金属製品の素材や、後々の研磨作業の行程を省くために行われる処理です。
適正な酸洗いを行うと不導体化被膜を形成するため、耐食性が向上し、その金属製品の耐用年数等の向上にも効果を有します。
酸洗いの方法は、硫酸、塩酸等の酸駅にその金属製品を一定時間漬けて行うこととなります。
その漬けておく時間も、ステンレス、鋼鉄、チタン等の様々な金属の種類により異なるため、少し間違えてしまうと、素材の表面が劣化してしまったり、その金属製品自体が消失してしまう可能性も存在しているのです。

自分で行うにはリスクが高い酸洗い

酸洗いは、劇薬でもある塩酸、硫酸等を使用して行う作業のため、その金属製品自体が消失してしまう等のリスクも存在しています。
このようなリスクを回避するためには、酸洗いを行っている過程で、金属が溶けすぎないように抑制剤を使用したり、界面活性剤を使用してその効果を調整するのも一つの手段です。
しかし酸洗いはこのほかにもその作業を行っている間に、人体に非常に有害である、亜硝酸ガスが発生するケースも存在し、かつ酸洗い終了後にできる各種廃液の片づけも大変です。
更に、同一の金属製品に酸洗いを繰り返すと、製品自体を痛めてしまうリスクも存在しています。
よって、酸洗いはなるべく自分で行うのではなく、酸洗いの知識を有しかつ排水処理施設等も揃っている専門の企業に委託するのがベストであると言えます。

酸洗とは、溶接やロウ付けなどによる、焼けやスケールを硫酸などの薬品を使い綺麗にする作業です。使う薬品の量を間違えると、製品が溶けてなくなってしまうことになるので注意が必要です。