こんなところにも!身近にある酸洗い

クエン酸でも酸洗いを行うことが出来ます

酸洗いとは、塩酸、硫酸等の薬物に各種製品を一定時間漬けて、錆や汚れ等を洗い出したり、その製品自体の耐久度を上げる等の為に行う方法ですが、実は食品等にも使用されているクエン酸や重曹等の比較的安全な酸での洗浄も可能です。
クエン酸による洗浄は、水アカ汚れ、石鹸カス汚れ等アルカリ性の汚れに効果を発揮します。
アルカリ性の汚れで代表的な汚れと言えば、電気ポット等の水アカ汚れです。
この電気ポットにクエン酸を20グラム程度入れ、いつも通りお湯を沸かし、一時間ほど保温状態にしておくと、電気ポッド内のアルカリ性の汚れは綺麗さっぱり消えてなくなります。
クエン酸を使用した水アカ汚れを落とす方法はこの他にもトイレ掃除や浴槽の汚れ等様々な汚れに使用する事が可能です。

身近な薬品でも酸洗いが可能です

重曹は、食品や炭酸飲料の材料、更に消火剤の原材料としても使用される薬品であり、水に溶けにくい性質も有しています。
なのでその水に溶けにくい性質を利用し、物理的に汚れを取り除く用途に向いている薬品となります。
コーヒーやお茶等のシミが付着したマグカップ等の食器類の汚れを取るのに最も適しているのがこの重曹です。
また、重曹に良く似た薬品で「セスキ炭酸ソーダ」という薬品も存在し、ガラスの原料や食品の添加物にも使用されている炭酸ソーダの原材料ともなる薬品です。
このセスキ炭酸ソーダは、油汚れや皮脂汚れ等の酸性の汚れに効力を発揮してくれます。
ガスの元栓のしつこい油汚れ等ににおいても、スプレー状に吹きかけて一時間程放置したのち、タオル等でふき取ると見事に油汚れを落としてくれます。
このように酸洗いは、劇薬のみならず、身近な薬品でも行う事が可能な方法です。